RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

にっぽん原風景紀行・岩手編 #10

おじさんに連れられてやってきたのは冬の雪原……。

町の中心部、下戸鎖から車で走ること20分ほど。
お目当ての場所に到着です。


牧場に着きました。

虎ノ介さん:「あぁ~!」

おじさん:「まだちょっと時間ありますのでそのへん眺めますか」

「うあ~…」
まっしろな牧場

「きれいでしょ?」

「きれいですねぇ!」

「真っ白けで」

「もうずうっと一面牧場なんですねぇ」

「そうそう」

冬の白樺平牧場

「カモシカなんかも牧草食べにきますから」

「カモシカが」

粉雪舞う雪原は山根の原風景。

「きれいでしょ?」

「きれいですねぇ~…」
汚れの無い…

「ほんとに真っ白ですね」

「真っ白けです」

「汚れの無い白…」


■+-+-+-+-+-+-+-+-+■

あそこで…

「この鉄の柵はここで牛をひなたぼっこさせるんですよ」

「へぇ~」

「じゃ、中見てみますか?」

「あ、じゃあぜひ」

「どうぞ」

じゃ、入ってみよっか


スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 虎さん にっぽん原風景紀行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。