RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

にっぽん原風景紀行・岩手編 #6

水がきれいな山根六郷。

当然飲み水もおいしいワケで。

水をすくう時の手に萌えましてん……(´ω`*)


さらに散策…

「あ、なんか看板がありますよ」
看板ハケーン

「玉露の泉。さっきの方がおっしゃってたあの湧き水のことですかね」
看板

「普通の民家かな…入っちゃっていいんでしょうか……」
入っちゃっていいですか

雪かきをしているご夫婦を発見。

「こんにちは」 

おくさん:「こんにちは~」

「東京から来まして……。玉露の泉ってどこにあります…?」

おじさん:「あ、家の脇にあります~」
あそこにあるのよ

「家の脇にあるんですか!えぇ~…ちょっと見せていただいていいですか?」

「どうぞ。飲んでみてください」
飲んでみて~

ご自宅の敷地から名水が湧き出ているとは驚きです。

「あぁ~」

「ここにあります」

「はぁ~…天然の水……」

「天然の水です」

18年前、山根を愛する有志たちが調査の結果設けた「山根名水四十八ヶ所」。
「玉露の泉」はその一つ。
天然の水が生活用水とは羨ましい。

これが……

「ではちょっといただきます……」

「どうぞ。たぶんおいしいはずです(笑)」
お水すくって…

いただきますぅ

「…あっ、おいしい!」
ごっくん

「あぁ~……あぁっ!生き返ったッ……」
おいしいっ!

「どうですか?」

「…おいしいですねぇ。生き返りました、ほんとに」




スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 虎さん にっぽん原風景紀行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。