RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

にっぽん原風景紀行・岩手編 #5

水がきれいな山根六郷を散策する虎さん

「はあ~ぁ……」って言うときの虎さんがなんか好き。

こういうトコ動画じゃないと伝わらんからなんか悔しいよねぇ。
小川のせせらぎが響き渡る山根六郷。

「川の音が気持ちいいですね……はあ~ぁ……」
端神集落

「聞こえるの川の音だけです」

「きれいですね、水」
川の水が

「なんか、あそこで……」
なんかありまっせ

虎さん、そこに近づいていきます)

「こんにちは~。おはようございます~。何されてるんですか?」
ハウスには

「今、掃除です。池の掃除」

「ここは何ですか?」

「イワナの養殖場」

「あっ、イワナの養殖!へぇぇ~」

「どうぞ、入ってみてください」

「あっ、じゃあ失礼します……」

(ビニールハウスへと入る虎さん

「あッ、いた!イワナがいます」
おぉ、いた!

清流にしか育たないと言われるイワナ。

「おぉ!気づかなかったっすけど……こっちすごいですねぇ!」
のぞいてみてごらん

12000匹以上養殖しています。


「水がきれいですね、ほんとに」
水冷たいですねぇ

「冷たい」
冷たい!

「まぁここら辺はところどころ湧き水がでるもんで」

「ところどころ出てるんですか」

「えぇ」

「はぁ~……」

「だから凍らないんです。ここでないと冬になってしまうと凍ってしまうから」

「ふ~ん……なるほど」

「ここさはじいた(ここに水をひいた)んです」

「あぁ~……」

とうとうと湧き出す泉は山根周辺のカルスト地形の石灰岩にろ過されたミネラル豊富な湧き水。
地上が雪と氷に覆われる厳寒期でも絶えることはありません。
命の源流1

凍てつく山里に時の流れをもたらす湧き水の流れは、まさに命の源流。
心の拠り所なのです。

命の源流2


スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 虎さん にっぽん原風景紀行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。