RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1225:No title by 佐々木 良藏 on 2010/09/11 at 02:09:45 (コメント編集)

偶然にも最近このブログに気がつきました
1年以上前にTV局がきて取材をしていった様子が載っていたので驚きました
実は私、洋酒喫茶プリンスの者です
好意的にブログに乗せて頂いて有り難う御座います
本当に嬉しく思います
加藤虎ノ介さんが出ている 「ちりとてちん」 の再放送を深夜に放送しているので最近数回見ました
虎ノ介さんを見て懐かしく思い出しています

アッ、、、突然すみませんでした
私は八戸に住んでいる佐々木 良藏という者です
プリンスも今年の2月で52年になりました
私もとうとう還暦を迎える年に成りましたが、年中無休で営業しています
この調子で頑張るつもりです、、、宜しくお願い致します

       洋酒喫茶プリンス
       佐々木 良藏
       tel 0178-44-1827

1232: by shenxue on 2010/09/13 at 15:21:19

はじめまして。

まさかこんな場末のブログにお店の方がいらっしゃるとは…いや~びっくりしました。
こちらこそ、あたたかい目で読んでいただき嬉しく思います。(^-^)
(と言っても、番組の紹介そのままですが…(苦笑))

今ちょうど「ちりとてちん」の再放送や「龍馬伝」で虎ノ介さんを見れますね。
取材の時とはまた違った彼がいろいろ見れているかと思います。

取材の時の彼の素の表情など…いろいろとお聞きしてみたいものです。

遠くてお店に行けないのが残念ですが…これからもお元気でがんばってくださいね~。(^-^)

1234:No title by 佐々木 良藏 on 2010/09/14 at 01:56:42

加藤虎ノ介さんが来てから暫らくしたら今度はメガネの宮川大輔さん達が来たんですよ
虎ノ介さんはとてももの静かな色の白いおとなしい人でした
大輔さん達に虎の介さんのDVDをみせたら
寒いのにこの服装では大変ヤナ~と言っていました
(八戸の冬はとても寒いのです)
私にとっては良い思い出です
誕生日がくると私も還暦です
何時の日か機会があったら八戸に来て下さいね
いつでも歓迎します

       洋酒喫茶プリンス  0178-44-1827
       佐々木 良藏

1236:No title by shenxue on 2010/09/14 at 22:14:12

なんと!その後もいろんな方がお店にいらしてるんですね~。

確かにあのときの虎ノ介さんの服装は寒そうでしたね。
テレビ見ながら「その装備ではあかんやろ~」とツッコミ入れてましたもの(笑)

まだ行ったことはありませんが、いつか機会があれば八戸にも行ってみたいものです。(^^)

▼このエントリーにコメントを残す

   

にっぽん原風景紀行・青森編 #10

八戸には昔から続く横丁が今も数多く残っています。

そんな横丁の一つ、「長横町れんさ街」にやってきた虎さん

そこでのひとコマですよ。

すいません、長かったので主なところだけ抜粋で…m(_ _)m


「ふわぁ…“長横町れんさ街”」
昼の横丁

「“シャドー”…“ジュピター”……ネーミングがいいですね(笑)」
シャドー…

「“洋酒喫茶・プリンス”。いいっすね」
喫茶プリンス

「こんにちは~」
おや?

プリンスのご主人と

「はい、こんちは~」

「もうそろそろ開くんですか?」

「そうです、4時半頃っていうといつもあけるんです」

「あぁ、そうっすか」

「ここも昔からずーっとあるんですか?」

「僕んとこは、去年でね50年」

「えぇ!50年!」

「はい。あの~僕のお袋がやってて、僕がここ二十歳頃からだからね、もう少しで40年くらいになる」

「あぁ、そうなんですか!」

「中ももうぼろぼろなのさ」

「いやぁ、いいじゃないですか!渋いッ。…ちょっと拝見してよろしいですか?」

「あぁ、どうぞ。よろしいですよ」

「では失礼しますっ」

「あぁ、いいなぁ!いい、いい!いいっすよ~!」
いい雰囲気だ

「古くてホント恥ずかしいですwでも結構ね、この土地のいろんな名士の方が結構来てくださるんです。…いかんせん古いんで…」

「いやいや…いいじゃないですかぁ…」

「だから曲も古いのをかけてね」
ちょっとかけてみるわ

(ニール・セダカの「恋の片道切符」をかけるご主人)

「ああぁっ(笑)」

「こんな感じで」

「あっ、いいなぁ(笑)」
いいっすねぇ♪


戦後から64年。
その変遷を見つめてきた港町の横丁は昭和ノスタルジーが似合う街。
ネオンが灯ればいつのまにやら横丁へ。



「おっ。本来の夜の姿になってます」
夜の横丁

わずか200メートル四方の中に8つの横丁。
それぞれ独特の趣があります。
ぐるりと一周した後再び戻ってきた加藤さん。

夜の街を歩く

最初に目をつけたこちらのお店ののれんをくぐることに。


このお店にしましょう

「…こんばんは」

おかみさん:「いらっしゃいませ」

「ここ、いいですか?」

「はい、どうぞ」

昭和20年代に形成された「長横町れんさ街」。
その一角にたたずむ「山き」。
女将自慢の家庭料理から本格的な煮物などでもてなす評判の小料理屋。
手作りの味はもちろんのこと、趣ある風情に引かれ、昔からの常連客が通ってきます。

オススメは?

「ココ初めてなんでなにかおすすめを…」

「…今日はですね、鯖の味噌煮とイカの煮たやつがおすすめですけど」

「じゃ、イカ…ください。(壁のメニューを見て)あと…“かっけ”ってなんですか?」

「この辺の地元で食べられてる郷土料理なんですけど、由来は蕎麦を…作るでしょ?(蕎麦を)切って…それの切れ端…を茹でて食べたのが由来って聞いてましたけど…」

「ほぉ~…」

「召し上がってみます?」

「じゃ、それを一つ…」

蕎麦粉や麦粉をこねて伸ばし、三角形に切って作る“かっけ”は昔ながらの八戸の味。
これを湯がいてねぎみそなどをつけていただきます。

これが「かっけ」

こんなふうにして…

(白いほうの麦粉で作ったかっけをいただく虎さん
ではいただきま~す

「いただきます。…あつつつつぅ…(ふうふう…)」
ふ~ふ~

「…!!」(ふうふうしたが熱かったらしい…)

「(笑)」

「あ、なるほど!ものすごく平べったいうどんですね」

ひらべったい…

「そうです(笑)。うちではねぎみそなんですけど、にんにくみそで食べられる方も多いです」

「いずれにしてもみそなんですね」

「そうですねぇ」

常連さん達 「それと、呑んだ後のこれがおいしいんですよね」  「ぐてぐてに呑んだあとに…(笑)」
あ、そうなんですか

「あぁ~(笑)」
www




スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 虎さん にっぽん原風景紀行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1225:No title by 佐々木 良藏 on 2010/09/11 at 02:09:45 (コメント編集)

偶然にも最近このブログに気がつきました
1年以上前にTV局がきて取材をしていった様子が載っていたので驚きました
実は私、洋酒喫茶プリンスの者です
好意的にブログに乗せて頂いて有り難う御座います
本当に嬉しく思います
加藤虎ノ介さんが出ている 「ちりとてちん」 の再放送を深夜に放送しているので最近数回見ました
虎ノ介さんを見て懐かしく思い出しています

アッ、、、突然すみませんでした
私は八戸に住んでいる佐々木 良藏という者です
プリンスも今年の2月で52年になりました
私もとうとう還暦を迎える年に成りましたが、年中無休で営業しています
この調子で頑張るつもりです、、、宜しくお願い致します

       洋酒喫茶プリンス
       佐々木 良藏
       tel 0178-44-1827

1232: by shenxue on 2010/09/13 at 15:21:19

はじめまして。

まさかこんな場末のブログにお店の方がいらっしゃるとは…いや~びっくりしました。
こちらこそ、あたたかい目で読んでいただき嬉しく思います。(^-^)
(と言っても、番組の紹介そのままですが…(苦笑))

今ちょうど「ちりとてちん」の再放送や「龍馬伝」で虎ノ介さんを見れますね。
取材の時とはまた違った彼がいろいろ見れているかと思います。

取材の時の彼の素の表情など…いろいろとお聞きしてみたいものです。

遠くてお店に行けないのが残念ですが…これからもお元気でがんばってくださいね~。(^-^)

1234:No title by 佐々木 良藏 on 2010/09/14 at 01:56:42

加藤虎ノ介さんが来てから暫らくしたら今度はメガネの宮川大輔さん達が来たんですよ
虎ノ介さんはとてももの静かな色の白いおとなしい人でした
大輔さん達に虎の介さんのDVDをみせたら
寒いのにこの服装では大変ヤナ~と言っていました
(八戸の冬はとても寒いのです)
私にとっては良い思い出です
誕生日がくると私も還暦です
何時の日か機会があったら八戸に来て下さいね
いつでも歓迎します

       洋酒喫茶プリンス  0178-44-1827
       佐々木 良藏

1236:No title by shenxue on 2010/09/14 at 22:14:12

なんと!その後もいろんな方がお店にいらしてるんですね~。

確かにあのときの虎ノ介さんの服装は寒そうでしたね。
テレビ見ながら「その装備ではあかんやろ~」とツッコミ入れてましたもの(笑)

まだ行ったことはありませんが、いつか機会があれば八戸にも行ってみたいものです。(^^)

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。