RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

にっぽん原風景紀行・青森編#7

虎さんの朝ごはんですね。

店のおばちゃんと声を合わせて「に~こ~に~こっ」って…!

…ちきしょうッ、かわええなぁ!もう!(ノ∇≦*)


午前6時半。
いつもは観光客が訪れる頃合いなのですが、さすがにこの日は地元の常連さんの姿が僅かに見えるだけ。


虎ノ介さん「だいぶ明るくなってきましたね。…雪はひどくなる一方(苦笑)。…さ~むいッ
雪かぶり虎ちゃん…


「あ、なんかおいしそッスね、ここ。あきらかにここらで仕入れてるものでしょ?」
食堂

「こんにちは~。おはようございま~す」
食堂へ…

お店のおばちゃん「いらっしゃいませ。おはようございます。…初めてですか?」

「初めてです、ハイ」
おはようございます

「これが注文書になります」

「あぁッ、そうですか(笑)わかりました」
注文は…

「お名前をフルネームで書いて、どういうのがいいか…」

「なんで名前も書くんですか?」

「名前書かないとね、人数がいっぱいになると何頼んだか…」

「あぁ~(笑)」

「…本人もわからなくなるんですよね、私達もわからないし。だからそのために名前も書いてもらってるんです」

「なるほど」

「それじゃぁ何がいいかな」

「じゃ、贅沢な『ニコニコ定食』……」

「ニコニコね。じゃここに…」

「に~こ~に~こっ」  「に~こ~に~こっ」
(声に出しながらメモに書き込む虎さん…とおばちゃん)
じゃ、に~こ~に~こッ…っと

「お刺身一つ(つきますが…)」

「じゃぁホッキにしますっ」

「じゃ、2625円と…」

「(笑)…これでよろしくお願いします」

じゃ、これで


陸奥湊駅の近くで営む「大洋食堂」は地元の漁師や観光客に評判の食事処。
営業は朝7時から。
今年77歳になる女将さんは自ら目利きした新鮮な魚介類を朝市で仕入れます。

店の一番人気が「ニコニコ定食」。
お刺身一品とたっぷりの生ウニ、イカの水揚げ量日本一を誇るご当地ならではのイカの塩辛もかかせません。
極め付きは郷土料理「いちご煮」。アワビのお吸い物です。

ニコニコ定食


いただきます~

「あぁはぁ~…あったまるっ。おいし~…」
おいし~…

「あぁ、いいですね、朝からこんな…贅沢な。すごい量ですよね、そもそも」

(生ウニを攻める虎さん)

「じゃ何もつけずに…」
ウニ~

「…あぁ、おいしいわっ(にっこり)……いやぁ…うまいな」
ウニもうまいわ


三陸の海の幸を堪能しました。
堪能しました…





スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 虎さん にっぽん原風景紀行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。