RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

にっぽん原風景紀行・青森編 #4

ちょっとあいだが空いてしまいましたね…。

青森編・第4回 喫茶店突入編です。

個人的には虎さんの相づちの打ち方がなにげに好きでしたw

今回は主なところを抜粋した形で書き起こしてます。

本編の編集っぷりがかなりぶつ切りで話の繋がりがわかりづら……

げふんげふんっ!

キャプチャーも難しかって、ちょっと…なるべく虎さんは入れましたけども…。

…あいすいませんッ。m(_ _)m



「お!すごいな、なんだあれ」


あの店気になる。

「おぉ!渋いっ!…ちょっと入ってみよ」

入ってみましょ 

「…こんにちは~…ども~」

ども~こんちは~

おぉ……

「年季の入ったお店ですね」

店の奥さん:「すごいよ~」

「何年くらいやってんですか?」

「四十何年くらい」

「あら~…」

「生まれてないべ?」

「生まれてないですねぇ」


高橋さん夫婦が営む昭和43年開業の喫茶店「ぽん」は、周辺に再開発の波が押し寄せる中、昔のままのレトロな趣。


「…ハム…ハムカレーってなんですか?」

「“ハムライス”っていうのをだいたい知らないべぇ?」

「ハム…ライス…?」

「チャーハンみたいなヤツ」

「あぁ~…」

「それにカレ~がかけてあるヤツ」

「あ、なるほどね。ハムカレーを一つください」

あれ?

隣のおじさん:「どちらからですか?」

「東京です。…ここ…地元の方ですか?」

「あ、そうですね、はい」

「(笑)」   「(笑)」

「よく来られるんですか?ここは」

「そうですね、最近ちょっと来ない…(苦笑)ですよね」

「忙しくて?」

(うんうん、と照れながらうなづく)

「いいことです」

「暇なんだってさぁ~」

「暇なんですか?」

「うん、よそさ行ってるから」

「あら。どこ行ってるんですか?」

「…いやいや(照)」

「キレイなお姉ちゃんがいる場所…」

「あぁ~(笑)」

「ち~がぅ…(照れ笑い)」

「あぁ~…ここにもいるじゃないですか、キレイなお姉ちゃん…」

「こごはジジとババだげだ~」

「(笑)」  「(笑)」

(ここでハムカレーが出てくる)

「…あ、すみません。おぉ~…あッ、おいしそう」

ハムカレー

「なるほどね!いただきま~す」

ハムカレーは開業当初からのオリジナルメニュー。

「…あ、おいしッ!」


■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■


談笑中

「今こうやって開発が進んでるじゃないですか。このお店はずっとこのまま残しておくんですか?」

「だってやる人いないもの…二人だから」

スタッフ:(ずっと二人で?)

「うん、40年。離れられなくて」

「んふふふっ」


「…やっぱり落ち着きますよねぇ…先輩に連れられてここは初めて来たんですけど…やっぱりその当時の思い出もあるし…」

「じゃぁよく怒られたりもしました?」

「(笑)そうですねぇ、結構注意されたりなんかしてね(笑)」

「あぁ~(笑)」


#4ラストカット


スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 虎さん にっぽん原風景紀行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。