RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
614: by on 2008/12/06 at 02:50:02 (コメント編集)

はじめまして。このシーン私もドキドキしすぎて血圧あがりました。
特に”したかった”の消え入りそうな囁きボイス・・わかります!
これには参りました。演出家さんの指示でしょうか??
虎さんの演技プランならそんなテクニックどこで覚えたんだと^^;
どうしても虎さんのキャラを思い浮かべると照れ笑いしてしまうん
ですがこういう官能的なシーンもこなされることに、いい意味で
毎回裏切られます。ほんと鬼ですね・・虎さん。
ツボが同じでつい嬉しくなってコメントさせていただきました。

616: by shenxue on 2008/12/06 at 23:46:34 (コメント編集)

???さん

はじめまして。
ようこそのお運び、ありがとうございます。
ツボ、一緒でしたか~。なんだかこちらもうれしいです。(^^)
で、そちらは血圧が…。
お互い命がけで見てたんですね~(笑)。

>演出家さんの指示でしょうか??
もしそうだとしたら演出の方も相当な鬼やなぁと。
演出さんといい虎さんといい…「SCANDALは鬼ばかり」ですね。(←渡鬼かッ)

>虎さんの演技プランならそんなテクニックどこで覚えたんだと^^;
このコメント、すごくツボでした。
…ほんまですよ…すごいテクニックの持ち主で(笑)。
ちょっと前まで“チャック開いてる~”って言われてたようなゆる~い人かと思ったら余計に…ねぇ(苦笑)。
いっやぁ…さすがですよ。

617: by shenxue on 2008/12/06 at 23:50:25 (コメント編集)

>拍手コメくださったかたへ

ようこそのお運びありがとうございます。
あぁ、同感でしたかw
こんなアホなレビューですけど…
楽しんでいただけたようでよかったです。(^^)

▼このエントリーにコメントを残す

   

SCANDAL第7話 ―久木田氏レビュー―

目が離せなかった第7話。
一気にサスペンス色が高まり、それぞれの人間模様も大きく動きましたね!

今回は書きたいことが多すぎる!ということで、まずは久木田レビュー編をUPします。
その他はまた今度で。

あっ、それと。

今回の文章は自分で言うのもなんですがひどく痛々しいです!ヾ(;´▽`A``

…ので、見る覚悟を決めた方は続きをどうぞ。

>…え、なんですか、それってそういういい雰囲気のシーンとか出てきちゃうんでしょうか?
SCANDAL第4話感想より)


な~んて言うてたらほんまにそういう雰囲気に……。
あのバーでのシーンは本当によかったです。
今回はここにつきるでしょう。
ここの話だけでこの記事終わりそうです。すいません(苦笑)。


――――――

「僕に会いに来てくれたんじゃないんですか…?」

不意に久木田の手が貴子の手に触れる。
驚いて久木田を見る貴子を彼は真っ直ぐに見つめ返す。
この一言の後、堰を切った様に彼は自分の想いを吐露し始めた。
解けては絡み、絡んでは解ける互いの視線。

「――ただ…あなたと…他愛のない話をしてみたかった。理佐子が何処へ行ったとか…警察がどうという話ではなく…なんでもない話を……したかった……」

――――――

ふぉぉッ…!!!(〃ノωノ)

「僕に会いに来てくれたんじゃないんですか…?」
で、(ちょ…わッ…!)と激照れしてしもて、どっこーん!と心臓が大きく跳ね上がったのですよ。
そっからがドキドキしすぎて…しんどかった……orz
(ドキドキしすぎて過呼吸起こしたのは内緒だ……)
セリフでもかなりやられまくってしまったのですが、特にやられたのはセリフを言うあの声……!

ここにいる声フェチは悶え死にそうになりましたよッ!(´Д`;)

(上記の通りほんまに過呼吸で底抜けに死にかけ(苦笑))
特に「…したかった……」が!
あの消え入りそうなささやきボイスは……あれはもぅ…

虎さんッ、あんた…鬼やわぁ!(゚□゚; )



…あ、あかん。
ちょっと落ち着いていこ…そうしましょ…。(-_-;)

見つめあうとか手が触れ合うとか、ああいういじらしいことでいい大人が互いにすごく照れ合うのを見て、すごくドキドキしてしまったんですよね。
なんか逆に色気があるというか。
セリフの後、見つめあう二人の呼吸が徐々にシンクロしていって…っていうのも直接的な行為よりもすごく官能的な感じがあったと思うんですよねぇ。
あの時は二人以上にこちらがものっすごく照れながら見てたと思います。
照れたけど…すごくいいシーンだったな、と。
(照れる、といえば。自分の言ったことに照れる久木田氏が一瞬“ひろし”に見えました(笑)。)


話は変わりますが、ラストのあの追跡してるときの久木田氏の眼。
さっきあんな大胆なこと言うて照れてた人とは思えない、
憎しみのこもったような冥く(くらく)ギラついた眼でしたね。
それは理佐子に向けられたものなのか…。
それともその先に見える金沢に向けられたものなのか…。
次回、彼は理佐子と接触することができるんでしょうか。


PS …しっかし虎さん、京香さんを口説けるなんて…ものっすごい役得やないですか。


スポンサーサイト
このエントリーのタグ: SCANDAL
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
614: by on 2008/12/06 at 02:50:02 (コメント編集)

はじめまして。このシーン私もドキドキしすぎて血圧あがりました。
特に”したかった”の消え入りそうな囁きボイス・・わかります!
これには参りました。演出家さんの指示でしょうか??
虎さんの演技プランならそんなテクニックどこで覚えたんだと^^;
どうしても虎さんのキャラを思い浮かべると照れ笑いしてしまうん
ですがこういう官能的なシーンもこなされることに、いい意味で
毎回裏切られます。ほんと鬼ですね・・虎さん。
ツボが同じでつい嬉しくなってコメントさせていただきました。

616: by shenxue on 2008/12/06 at 23:46:34 (コメント編集)

???さん

はじめまして。
ようこそのお運び、ありがとうございます。
ツボ、一緒でしたか~。なんだかこちらもうれしいです。(^^)
で、そちらは血圧が…。
お互い命がけで見てたんですね~(笑)。

>演出家さんの指示でしょうか??
もしそうだとしたら演出の方も相当な鬼やなぁと。
演出さんといい虎さんといい…「SCANDALは鬼ばかり」ですね。(←渡鬼かッ)

>虎さんの演技プランならそんなテクニックどこで覚えたんだと^^;
このコメント、すごくツボでした。
…ほんまですよ…すごいテクニックの持ち主で(笑)。
ちょっと前まで“チャック開いてる~”って言われてたようなゆる~い人かと思ったら余計に…ねぇ(苦笑)。
いっやぁ…さすがですよ。

617: by shenxue on 2008/12/06 at 23:50:25 (コメント編集)

>拍手コメくださったかたへ

ようこそのお運びありがとうございます。
あぁ、同感でしたかw
こんなアホなレビューですけど…
楽しんでいただけたようでよかったです。(^^)

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。