RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
158: by みん姐 on 2007/12/15 at 23:25:41 (コメント編集)

休みをとって、良い映画に巡り会えて。。
最高だね!!!
shenさんはまだまだ若いから、いっぱい感性を刺激して、心に宝石をしまってください。
感性の鈍くなった人はいくら素敵なものを見ても、何も感じず、心が貧しくなるもの。
私も死ぬまで感性を潤して生きたいし、女でありたいな。。。
あれれ?関係ないこと書いちゃった!
花蓮の夏に対するshenさんの気持ち、とっても素敵だあ!!!
私もまた見たくなったな。。日本字幕付きで。。
私はブライアンの演技してる時の瞳が驚異的に好きだよ。本当に綺麗な目だ。。。
そして、三人ともすれてない若者!特に生で見たブライアンは、真っ正直に一生懸命質問にも答え、良い青年でした!ちょこっとレトロだし。。(笑)

159: by まもう on 2007/12/16 at 20:43:03

おお~リフレッシュですね~♪
よかったでしょ~~~~!って私はまだ字幕でみてないからちょっと辛いけど…

カ~ンジェンシーン!の声…忘れられないですよね…最初はうるさいなぁ~って感じもあるけど、子犬のようにジェンシンの傍を離れないショウヘンが妙に可愛いし…でもみていくうちに本当にジョセフがどんどんいい感じになる…っていうのもよく分かります。ジェンシンが自分の気持ちを抑えられなくて行きずりの男性と寝てしまった頃から彼の表情がすごく大人びてしまう…ブライアンの演技の上手さを感じました。
お~っとごめんなさい。自分の感想まで…
でも本当に秀作ですね。
最期は…
だからやっぱりEternal Summerなんですよね…
みん姐さんと同じく、Shenxueさんの感動が伝わり、私もまた思い出し、みたくなりました。
でも…字幕がほしいなぁ~~~♪

160:管理人のみ閲覧できます by on 2007/12/16 at 22:22:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

161: by shenxue on 2007/12/17 at 21:38:13

>みん姐さん
いつもありがとうございます。みん姐さんの言うようにいつまでも感性を磨いてそれを大切にしていきたいと思います。自分の気持ちや感想を素敵だと言っていただけたのがなんかうれしいですね。ありがとうございます~。(^^)ブライアンくんは、コメントでまもうさんがおっしゃっていたあのシーンのあとからこうなんか雰囲気が変わってすごく良くなりましたよね…ブライアンくんのその眼にやられてしまいました…。目の前で彼らを見て、彼らの作品に対する思いを聴くことができたなんて…なによりもすばらしい体験をされてるなぁ、と思います。うらやましい~。一度あの二人に会ってみたいものです。チャンスが今のところ全くないけど。(泣)

>まもうさん
そう、ほんとに自分で自分に驚きましたよ~。あんなにジョセフのほうに感情移入して観ていたとは…!も~あの声が…耳から離れないんです。この作品の彼の声は自然とハートに響く声なんですよね…。ブエノでチャン・チェンが言っていたセリフに「…とにかくハートに響く声が好きだ。」っていうセリフがありましたが…まさに彼っ!そう彼の声っ!(川平慈英風に)忘れられない声です。ブライアンくんが眼ならジョセフくんはその声にやられてしまいましたね。最後は本当にせつなかった…またブログであのシーンを語っちゃうかも…。それだけ”がっつ~ん!”とやられたラストの一言でした…。またまもうさんの感想を聞かせてくださいね。いろんな方のこの作品に対する感想、ぜひぜひ聞いてみたいと思ってますので!(みん姐さんもぜひ!)

で、最後に疑問が。
お二人とも…字幕なしでどうやって内容がわかったんですか……??それってなにげにすごいんですけど…。(^^;)

162: by shenxue on 2007/12/17 at 21:39:56

>匿名さま。

鹿と受け取りました。m(__)m
途中まで今読んだんですが…どんどん続きが気になってしゃ~ないです!また後日感想を…。

163: by みん姐 on 2007/12/18 at 09:14:47 (コメント編集)

おはよう!
最後の質問についてですが、劇場で字幕付きを観たからです☆
あれ?shenさんも観たじゃ~ん!(笑)
まもうさんはその点字幕ないもので凄い理解度!!
真っ先に彼女はblogにも取り上げていましたし。
さすが「その道」の先駆者だなぁ☆☆☆
私は孝全くんがいつまでも可愛い子供みたいに見え、逆にブライアンは作品の中でどんどん大人の愁いに溢れて行く姿を感じました。
多動障害を持つ者にとって正行の存在は神をも勝るものであるような気がしましたね。
「初めから『大人に頼まれて友達になってくれた事』を知ってたよ」というラストの方の孝全くんのせりふと表情に鳥肌が立ちました!
そのとき、単なる恋愛映画を超えた深さを感じた姐さんです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

すばらしい。

今日は休みをとりました。
ちょっと最近疲れてるなぁ、と感じていたので、前々からこの日を休めるよう
申請出してたんです。

毎日同じような仕事、生活…何か刺激というか…いつもと違う一日を送らなければ。
クサってしまいそう…。

…ということでぇ…
20071213190552

…きちゃった。

20071213191056.jpg

…観に。(*′艸`)

公開明日まで、って言ってたから、もうコレは今日観にいくしかないでしょう!…と思って。

で、感想ですが…。

せつないねぇ…。(ノД`)

見終わったあと、もうたまらなく切ない気持ちでいっぱいになってしまって、しばらく
自分のことのように気持ちをひきずっていました…。
いろんなシーンを思い返す度に涙で目が潤みます。
ジョセフの「カン・ジェンシーン!」と彼を呼ぶ声がずっと耳に残ってます…。
忘れられないですわ…あの声が。

特にクラブでのショウヘンとジェンシンのシーンあたりから、翌朝にショウヘンとホイジャが
二人涙しながら語るシーンまでのところ、それとラストの海辺でのシーンが印象深く残って
います。
最初はジェンシンメインで観ていた自分が、いつのまにか途中からショウヘンの二人に
対する想いがすごくよくわかって、ショウヘンにどんどん感情移入して観ていました…。
途中からのジョセフの存在感の強さがどんどん増していくのがすごかったですね…。

ショウヘンが

「大人になるにつれていろんなことが今までのようにいかなくなってしまう…」

ということを涙ながらにホイジャに吐露するシーンでもうこっちも 

。゚(゚ノД`゚)゚。ゥワーンッ  

状態でした…。一番泣けたなぁ…あのシーン…。
もう痛いくらいにわかるよ…その切なさ、やりきれなさ…。

ラストに海辺でジェンシンとショウヘンが互いの感情、秘密をぶつけ合うシーンも
ものすごく切なかったね…。
ジェンシンの告白をうけたあとにショウヘンが出した答えが…。

バッドエンドでもなくハッピーエンドでもなく…彼が出した精一杯のあの決断。
この時はジェンシンに対して

”ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!! その一言は切ない~!!切なすぎる~!!”

って思わずにはいれなかったですよ…。

監督が3人をそれぞれの役名と同じ読み方の惑星(ジェンシン)、恒星(ショウヘン)、
彗星(ホイジャ)になぞらえて書き上げたシナリオ、人間関係も作りこまれていてよかった
と思います。もちろん、画もすごく雰囲気がでていてよかった!

でもなによりも主演3人の演技が素晴らしかった…!
静の演技で観るものを惹きつける、そんな惑星のような引力を持つブライアン・チャン。
途中から驚くほど存在感を増していき、恒星のように光り輝いていたジョセフ・チャン。
そんな2人の前に彗星のごとく現れ、様々な大きい影響を与え印象に残るケイト・ヤン。
この3人はまさにこの役にぴったりの3人でした。このキャスティングに大満足です!

これは久しぶりに”秀作だ!”と思いました。もう、絶対DVD買っちゃうもんね!

また後日、好きなシーンとかについて語ろうかと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
158: by みん姐 on 2007/12/15 at 23:25:41 (コメント編集)

休みをとって、良い映画に巡り会えて。。
最高だね!!!
shenさんはまだまだ若いから、いっぱい感性を刺激して、心に宝石をしまってください。
感性の鈍くなった人はいくら素敵なものを見ても、何も感じず、心が貧しくなるもの。
私も死ぬまで感性を潤して生きたいし、女でありたいな。。。
あれれ?関係ないこと書いちゃった!
花蓮の夏に対するshenさんの気持ち、とっても素敵だあ!!!
私もまた見たくなったな。。日本字幕付きで。。
私はブライアンの演技してる時の瞳が驚異的に好きだよ。本当に綺麗な目だ。。。
そして、三人ともすれてない若者!特に生で見たブライアンは、真っ正直に一生懸命質問にも答え、良い青年でした!ちょこっとレトロだし。。(笑)

159: by まもう on 2007/12/16 at 20:43:03

おお~リフレッシュですね~♪
よかったでしょ~~~~!って私はまだ字幕でみてないからちょっと辛いけど…

カ~ンジェンシーン!の声…忘れられないですよね…最初はうるさいなぁ~って感じもあるけど、子犬のようにジェンシンの傍を離れないショウヘンが妙に可愛いし…でもみていくうちに本当にジョセフがどんどんいい感じになる…っていうのもよく分かります。ジェンシンが自分の気持ちを抑えられなくて行きずりの男性と寝てしまった頃から彼の表情がすごく大人びてしまう…ブライアンの演技の上手さを感じました。
お~っとごめんなさい。自分の感想まで…
でも本当に秀作ですね。
最期は…
だからやっぱりEternal Summerなんですよね…
みん姐さんと同じく、Shenxueさんの感動が伝わり、私もまた思い出し、みたくなりました。
でも…字幕がほしいなぁ~~~♪

160:管理人のみ閲覧できます by on 2007/12/16 at 22:22:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

161: by shenxue on 2007/12/17 at 21:38:13

>みん姐さん
いつもありがとうございます。みん姐さんの言うようにいつまでも感性を磨いてそれを大切にしていきたいと思います。自分の気持ちや感想を素敵だと言っていただけたのがなんかうれしいですね。ありがとうございます~。(^^)ブライアンくんは、コメントでまもうさんがおっしゃっていたあのシーンのあとからこうなんか雰囲気が変わってすごく良くなりましたよね…ブライアンくんのその眼にやられてしまいました…。目の前で彼らを見て、彼らの作品に対する思いを聴くことができたなんて…なによりもすばらしい体験をされてるなぁ、と思います。うらやましい~。一度あの二人に会ってみたいものです。チャンスが今のところ全くないけど。(泣)

>まもうさん
そう、ほんとに自分で自分に驚きましたよ~。あんなにジョセフのほうに感情移入して観ていたとは…!も~あの声が…耳から離れないんです。この作品の彼の声は自然とハートに響く声なんですよね…。ブエノでチャン・チェンが言っていたセリフに「…とにかくハートに響く声が好きだ。」っていうセリフがありましたが…まさに彼っ!そう彼の声っ!(川平慈英風に)忘れられない声です。ブライアンくんが眼ならジョセフくんはその声にやられてしまいましたね。最後は本当にせつなかった…またブログであのシーンを語っちゃうかも…。それだけ”がっつ~ん!”とやられたラストの一言でした…。またまもうさんの感想を聞かせてくださいね。いろんな方のこの作品に対する感想、ぜひぜひ聞いてみたいと思ってますので!(みん姐さんもぜひ!)

で、最後に疑問が。
お二人とも…字幕なしでどうやって内容がわかったんですか……??それってなにげにすごいんですけど…。(^^;)

162: by shenxue on 2007/12/17 at 21:39:56

>匿名さま。

鹿と受け取りました。m(__)m
途中まで今読んだんですが…どんどん続きが気になってしゃ~ないです!また後日感想を…。

163: by みん姐 on 2007/12/18 at 09:14:47 (コメント編集)

おはよう!
最後の質問についてですが、劇場で字幕付きを観たからです☆
あれ?shenさんも観たじゃ~ん!(笑)
まもうさんはその点字幕ないもので凄い理解度!!
真っ先に彼女はblogにも取り上げていましたし。
さすが「その道」の先駆者だなぁ☆☆☆
私は孝全くんがいつまでも可愛い子供みたいに見え、逆にブライアンは作品の中でどんどん大人の愁いに溢れて行く姿を感じました。
多動障害を持つ者にとって正行の存在は神をも勝るものであるような気がしましたね。
「初めから『大人に頼まれて友達になってくれた事』を知ってたよ」というラストの方の孝全くんのせりふと表情に鳥肌が立ちました!
そのとき、単なる恋愛映画を超えた深さを感じた姐さんです。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。